2試合連続で延長を制し 黒原拓未 プロ初勝利を掴む!

この記事は約4分で読めます。

黒原初勝利

ランキング応援うれしいです!ありがとうございます🙇‍♂️

カープブログ
カープブログ

Xのフォローも待ってます!


5月25日対DeNA10回戦は、前日に続いて延長戦となりましたが12回に勝ち越し9-6 で勝利しました。

初回、中川颯から秋山翔吾はライト線ツーベース、菊池涼介のレフト前タイムリーで幸先よく先制し、2回にも矢野雅哉がヒットで出塁すると2盗、3盗塁を決め、玉村昇悟の3ゴロの間にホームインし2点目を挙げ、完全に広島ペースで楽勝かと思われました。

しかし今季初登板となった玉村が2回に筒香嘉智のセンター前ヒットを皮切りに打者1巡の猛攻を受け5失点と試合をひっくり返されてしまいます(あまりにも簡単にひっくり返されたので、正直、今日は負けか~と思いました)

ところが、今のカープ打線はひと頃とは違いましたね。粘りがあります。

3点差を追いかける4回は、2死から林晃汰がセンターオーバーのツーベースで出塁、次打者玉村の代打で宇草孔基がツーシームを捉えレフト線へタイムリーツーベースを放ち1点返します。

2点差に詰め寄った5回も、2死から小園海斗、末包昇大の連続ヒットで1塁2塁。続く坂倉将吾の左中間を破るタイムリーツーベースで5-5と振り出しに戻します。

あれだけ、あと1本が出なかった打線がこの日は繋がる繋がる・・・しかもツーアウトからですからね。たいしたモノです。

同点に追いついた、そのウラは大事にいかなければならなかったのですが、3番手中崎翔太が先頭の宮崎敏郎にレフトオーバーのツーベースを打たれ、伊藤光に詰まりながらもレフト前へ運ばれ、1点勝ち越されます。

1点を追う展開となった6回7回は、坂本裕哉の前に秋山の1安打に抑えられ、チャンスを作れません。

8回も山﨑康晃の前に矢野、林が倒れ、あっさりツーアウトを取られ、いよいよ追い詰められた感が強くなってきましたが・・・

ここで7回ウラに3者連続空振り三振に抑えた森浦大輔(素晴らしい)の代打として登場した石原貴規がレフトポール際へ値千金の同点ホームラン!(素晴らしい人の代わりは、素晴らしかった!)

この後から試合は膠着状態に入り、延長戦も最終の12回を迎えます。

みんながヒーロー、全員野球で戦いながら強くなる!

12回DeNAは7番手三嶋一輝から先頭の小園が初球をライト線へのツーベースで出塁すると末包は遊ゴロに倒れますが、坂倉が前進守備のライトの頭上を大きく超えるタイムリーツーベースで勝ち越します(大興奮しましたね!)

さらに攻撃は続き、矢野のヒットと盗塁で1死2塁3塁とチャンスが広がります。

ここで、10回送りバントの為に林の代打で起用されていた二俣翔一(バントは失敗し最悪の併殺でした)が、1B2Sと追い込まれながら低めのチェンジアップをバットの先で拾い、センター前へ運びダメ押しとなる2点タイムリーとします(汚名返上じゃ!)

12回ウラは9番手でブルペン最後の河野佳が1安打は打たれますが最終打者林琢真を空振り三振に切って取りゲームセット。

河野は嬉しいプロ初セーブ。そして勝利投手は・・・

11回に登板し関根大気に死球を与えた以外は全く心配ないナイスピッチングで無失点に抑えた黒原がついに掴んだ嬉しい嬉しいプロ初勝利(良かった~)

黒原談・・・「1軍で何度も登板している中でたくさん迷惑をかけてきた。応援や期待に応えられないことも多かったんですけど、ここからたくさん勝利をあげられるように頑張りたい」

今季最長の5時間16分の死闘は、會澤翼以外のベンチ入り選手全部使う総力戦で、今季最多の19安打となりました(貧打だったはずの打線も気が付けば、リーグ2位のチーム打率2割4分2厘となっています)

新井監督談・・・「昨日の試合といい今日の試合といい、チーム全体の粘りというのも出て来ているし、みんなの気持ち、絶対に勝つ、追い付く、追い越すというね。そういう気持ち、雰囲気はすごく伝わってきます。いつも言ってるんだけど、自分たちは戦いながら強くなっていく。間違いなく、戦いながら強くなってきていると思います」

この試合もたくさんのドラマがありましたが、結局は諦めない気持ちがツーアウトからでも得点に繋がるし、失敗しても次に取り返すぞという気持ちが大事という事なんですね。

今のカープは若手も中堅もベテランもみんな頑張ってる姿が目に映るし、相乗効果で投打も噛み合い非常に良い状態ですね。観ていてとても楽しいです。

この調子でファンをもっともっと楽しませて欲しいですね。

いいぞ!その調子でもっと楽しませてくれ!がんばれカープ!!